読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサイユウゴのブログ

婚活の事ならお任せください。婚活の全てが変わります。

なぜ婚活をサポートする事になったのか本当の話をしましょう -第3話-

 

このブログは、結婚相談所や婚活パーティーに行く前に、必要な事を発信しています。

きっと今までうまくいかなかった婚活での行動が変わります。

結婚する前に恋愛出来なければいくら婚活しても結婚には至りません。

「いい人」を卒業して、たった3ヶ月でプロポーズして欲しい男に生まれ変わりませんか?

 

麻井 悠吾 

 

 

どうも、アサイです。

 

前回までの1話、2話はこれ。

 

asai-yugo.hatenablog.com

 

 

asai-yugo.hatenablog.com

 

 

今日は第3話です^^

 

【登場人物紹介】

さかもっちゃん(仮名)33歳 当時

とにかく見るからにいい人。こんないい人あまりいない。

お世辞にもかっこいいとは言えない。

仕事は真面目。ただ、ガンガン出世を目指すタイプでもない。

いい人の反面、頑固な部分もある。

生活も派手ではないが、たまに山登りしたり、車でサーキットを走ったりするのが趣味。人付き合いは悪くない。

 

麻井悠吾(私)36歳 当時

さかもっちゃんのいる職場に私が異動して出会う。

会社では、さかもっちゃんの先輩。

 

まゆみさん

アサイの元部下。歳はアサイより二つ上。

私が会社内では「ナンバーワン」と呼ぶくらいのビジュアルと雰囲気を持った女性。

実際の年齢よりもかなり若く見える。

 

 

 

まゆみさんの誕生日会当日

 

 

 

さかもっちゃん「アサイさん、せっかく誕生日会なんだし、何かプレゼント買った方が良い思うんですけど」

 

アサイ「オォ〜さかもっちゃんがそんなこと言うなんて変わったね〜!」

 

さかもっちゃん「そうなんです。前までだったら、プレゼントすることすら考えなかったと思います。でも、アサイさんが言ってる『気づく』って少しわかってきた気がします!」

 

アサイ「いいね!いいね!^^で、プレゼントは何を考えてるの??」

 

さかもっちゃん「プレゼントはこっちが勝手にするわけだし、渡して困るものとか、高価すぎるものとかはもちろんダメですよね。う〜〜〜ん・・・・・。花!

花なんでどうですか??ベタ過ぎますか??」

 

アサイ「さかもっちゃん^^いいと思うよ🎵」

 

実際、芸能人や有名人でない限り、花をプレゼントされることってそんなにないからね。

 

さかもっちゃん「花は何がいいですかね??」

 

アサイ「さかもっちゃんの今日の目的はなんだっけ??」

 

さかもっちゃん「まゆみさんと仲良くなることです!」

 

アサイ「う〜〜〜ん。。。もっと正直に。」

 

さかもっちゃん「・・・付き合いたいです!」

 

アサイ「だよね^^情熱を伝えようか?」

 

さかもっちゃん「情熱ですか?」

 

アサイ「情熱っていったら真っ赤なバラでしょ^^」

 

さかもっちゃん「え??そんなの引かれないですか??」

 

アサイ「まゆみさんにかわいい花束送ってもそりゃ喜んでくれると思うけど、大人の女性にかわいい花束送ってインパクトあるかな??無いよね?下手すりゃ誰からもらったかすら覚えてもらえないんじゃない?」

 

さかもっちゃん「なるほど!!!じゃ、インパクトついでに100本買います!!」

 

アサイ「さかもっちゃん、花屋に言ってみて・・・多分女性一人で持ちきれる量じゃないって言われるよ・・・。」

 

 

ということで極端なさかもっちゃんだけど、心意気は素晴らしいな^^

実際には50本の真っ赤なバラのみの花束をもって戦場に向かいました🎵

50本でも相当な量になりますよ。^^

 

会場到着

 

 今日のさかもっちゃんは、黒のスーツでいつの間にか購入してたいつもよりオシャレなメガネもして、なかなか良い感じ。

バラの花束を持って、大人の装いが出来てるからなのか普段より自信があるように見える。

 

 

男性陣がお店について、10分ほどしてから女性陣も到着。

 

 

ん??まゆみさん・・・なんかいつも以上になんかオーラ出まくってるな。

メイクの感じも、髪も綺麗に巻いてあっていつも以上に色気も・・・・

さかもっちゃん、また緊張しないといいけど・・・。

 

 

さかもっちゃん、まゆみさんが来たらすぐに花束渡すって言ってたのにまだ渡さないのかな??

 

 

・・・・。

 

 

 

 

 

固まってるーーーーーーーーーーー!!!

 

見とれているとかじゃなくて、完璧に固まってる。。。全然動かない。

誰も操ってない腹話術の人形みたいになってる。

 

 

アサイ「さかもっちゃん、まゆみさんに花束渡さないと」

 

さかもっちゃん「あ!あぁあ、はい。」

 

 

なんとかまゆみさんに花束を渡して、みんなで「おめでとう!!」を言ってパーティーが始まった。

 

 

最初全く微動だにしなかったさかもっちゃんも気を取り直して何とかまゆみさんの隣に座ることに成功^^

 

まゆみさんに一生懸命話をしてる様子がよくわかった。

 

 

30分ほど時間が経った頃に、さかもっちゃんが離れた席に座っていた私のところに来た。

 

 

さかもっちゃん「アサイさん!すごく頑張ったんですよ!とにかく何でもいいから話をしてまゆみさんを口説けるように頑張ったんです!」

 

アサイ「うん^^見ててさかもっちゃんが頑張ってるのはよくわかったよ!まだ、始まったばかりだからもっと色々話をしてみたら??」

 

さかもっちゃん「アサイさん・・・」

 

アサイ「ん??どうした??顔が何だかおかしなことになってるけどどうした??」

 

 

明らかに顔が硬直して、笑顔だけど何だか様子がおかしい・・・。

 

 

 

 

さかもっちゃん「アサイさん・・・。ギブです。

 

 

何がギブなのか聞いてみたら、 

 

 さかもっちゃん「まゆみさんは本当にいい女で男ならみんな惚れてしまうんじゃないかって思うんですよ。だから何とか興味を引こうと自分の持ってる武器を全部引き出しごと持って立ち向かったんですけど、何も通用しないんです。もうこれ以上は引き出しもないですし、本当に大人の女性でもう、もぉ、ギブです。」

 

アサイ「そっか^^さかもっちゃんがまゆみさんに立ち向かうことが出来ただけ、また前進したね。」

 

 

 

 

 

帰りにまゆみさんと途中まで一緒に帰ってる時に、

まゆみさん「アサイさん、ごめんなさいね。さかもとさんは本当にいい人だし、すごく頑張っているのがわかったんだけど、付き合うとかって想像が出来なかったから、気づいてもらうようにしちゃった。」

 

 

この人・・・・。やっぱりすげぇ。

 

まゆみさん「変に気を持たせても悪いかなって思うしね。」

 

 

う〜〜〜ん。

今回はさかもっちゃんは残念だったけど、この人に立ち向かったことは素晴らしい。

 

 

さかもっちゃんは本気で変わろうとしてるんだな。^^

と思った誕生日会でした。

 

 

次回、「さかもっちゃんレベル57に到達。」

の話に続きます^^

 

 

 

 

 アサイ ユウゴさんのプロフィール - はてな