読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサイユウゴのブログ

婚活の事ならお任せください。婚活の全てが変わります。

なぜ婚活をサポートする事になったのか本当の話をしましょう -第1話-

 

このブログは、結婚相談所や婚活パーティーに行く前に、必要な事を発信しています。

きっと今までうまくいかなかった婚活での行動が変わります。

結婚する前に恋愛出来なければいくら婚活しても結婚には至りません。

「いい人」を卒業して、たった3ヶ月でプロポーズして欲しい男に生まれ変わりませんか?

 

麻井 悠吾 

 

 

どうも、アサイです。

 

今日もアサイユウゴの婚活ブログを役立てて頂きありがとうございます。

 

 

なぜ私が30代、40代の方に向けて、婚活サポートをする事になったのか。

 

今から話すのは、私が婚活している男性を応援するきっかけになった話です^^ 

 

【登場人物紹介】

さかもっちゃん(仮名)33歳

とにかく見るからにいい人。こんないい人あまりいない。

お世辞にもかっこいいとは言えない。

仕事は真面目。ただ、ガンガン出世を目指すタイプでもない。

いい人の反面、頑固な部分もある。

生活も派手ではないが、たまに山登りしたり、車でサーキットを走ったりするのが趣味。人付き合いは悪くない。

 

麻井悠吾(私)36歳

さかもっちゃんのいる職場に私が異動して出会う。

会社では、さかもっちゃんの先輩。

 

 

 

さかもっちゃんに出会う

 

 私が坂本さんのいる部署に異動して間もない頃に初めて話をしたのは、私の歓迎会を開いてくれた時でした。

ほぼ、男性しかいない職場でみんなとにかくいい人が多かった。

 

その中でも際立って見るからにいい人のさかもっちゃん。

色々話をしている内に、プライベートでも一緒にいることが増えていきました。

 

仕事終わりにご飯行ったり、休みの日にも一緒に出かけたり、話せば話すほどいい人なのがよくわかった。

 

アサイ「そういえば、彼女いないって言ってたでしょ?」

 

さかもっちゃん「いないんですよ〜欲しいんですけどね。。。」

 

アサイ「彼女作る為に何かしてる?」

 

さかもっちゃん「お見合いパーティーとかはたまに行ってますよ」

 

アサイ「おぉ!ちゃんと動いてるんだ!」

 

さかもっちゃん「動いているんだけど、なかなかうまくいかないんですよね。。。」

 

アサイ「そっか。。。なんでだろうね」

 

さかもっちゃん「初対面でどうやってアプローチしたらいいのか、話とかも何話したら良いのかわからなくて。でも色々調べたりしてトークも試したりしてるんですよ〜!」

 

こんな話をよくするようになって、すげーいい奴だし、なんとかしたいなって漠然と考えていました。

 

 

さかもっちゃん合コンに参加

 

会社内の女性と話す時は自然だし、全然いいんじゃない?と思っていたけど、初対面だと固まっちゃうのかな?と思ったのでまずは、初対面の女性の接し方を見たいと思って、私が知り合いの女性に話をして、合コンを開いてもらう事にしました。

 

アサイ「さかもっちゃんさ、今度合コンやるんだけど来る??」

 

さかもっちゃん「え!本当ですか??何があっても行きます!」

 

知り合いの女性には何人集められる?って聞いたら、何人でも❤️との力強い言葉をもらったので、さかもっちゃんの女性のタイプを知る為に色々なタイプの女性を7名揃えてとお願いしました。

 

さかもっちゃんの為に協力してくれとお願いをして、職場の男性7名で合コンに行く事にしました。

 

 

合コン会場はこれまたさかもっちゃんは来ないな・・・ってお店を選択^^

 

私の主義でもある女性を待たせないという事で、女性陣より先にお店に着いて女性の到着を待っていました。

 

その時はまだ、いつも職場で一緒の男性だけだったのでさかもっちゃんもリラックスした様子で周りと話したりしていたんです。

 

 

 

女性陣到着!

 

女性陣が7名揃って登場!

 

7名をパッと見て、さかもっちゃんが好みそうな女性を速攻で両隣に配置しました^^

合コンでよくある「後で席替え」とかって、私からしたらそんなの時間がもったいないので、最初から女性の席を強引にならないように誘導しました。

 

女性陣が到着した時にさかもっちゃんに視線を送ったら、、、いい笑顔をしてました^^

 

合コンも始まり、他の男性陣も女性陣に気を配って楽しませようとしていて、「お!みんな頑張ってるね〜!」と安心してたんです。

 

 

今日の男子で主役のさかもっちゃんは・・・「うん、いい笑顔だね〜」楽しんでるんだな・・・・・。

 

 

始まった時から笑顔に変わりはないけど、、、、なんか違うな、、、

 

 

固まってるーーーーー!!!!

 

おいおいどんだけ長い時間固まってるんだよ!

 

さっきからさかもっっちゃんが話をしているのをそういえば見てない。

始まってからずーっと笑顔で座ってるだけやないかーーーい!!

 

2次会も行ったんですが、結局さかもっちゃんは何も起こせず。。。。

 

休み明け・・・・

 

アサイ「さかもっちゃんの好みっぽい女性を両隣に座ってもらったんだけど、好みじゃなかった?」

 

さかもっちゃん「アサイさんの事だから、やっぱりそうだと思いましたよ!すごい好みだったし、話を聞いていたら二人ともホント性格も良さそうでしたよ!」

 

アサイ「え?じゃどうして話しなかったの??」 

 

さかもっちゃん「アサイさん、あのですね。あんなに可愛い子ばかり7名もいる状況が人生で初めてだったので、もうパニックですよ。」

 

アサイ「そうか、パニックだったのか。だから最低限、場の空気を壊したりしないように笑顔で過ごそうと思ってくれたんだな。。。。」

 

 さかもっちゃん「そんないい話じゃなくて、ほとんど何を飲んだか、何を食べたのかも覚えてないですからね!」

 

アサイ「まじか。。。」

 

この話はまた後日続きを書きますね^^ 

 

では今日も綺麗な女性を見たら目だけで追わないようにしましょう。

 

 

 

 

アサイ ユウゴさんのプロフィール - はてな